インターネットの速度を高速化する方法!(pc)

情報•技術

今回は回線を高速化する方法について紹介していこうと思います

有線にする

wifiより有線の方が回線の安定性や、速度がいいです。今pcをwifiで繋げている人は、有線にすれば速度が改善されるかもしれません。

LANケーブルはカテゴリ5e以上の物にしよう

LANケーブルにはカテゴリというのがあり、画像のようにカテゴリによって対応する速度が違います。この画像の中で一番古いカテゴリであるカテゴリ5は回線速度が最大100Mbpsまでしか対応していません。1000Mbpsの高速回線を契約しても、LANケーブルが対応していなければ意味がありません。LANケーブルを買うときはカテゴリをよく見て買いましょう。

DNSを設定する

次にDNSというのを変更していきます。

DNSとは?

ドメインを管理/運用する上で欠かせない役割を担っているのがDNS(ドメインネームシステム)です。これは、数字を組み合わせたコンピュータの住所である「IPアドレス」を、人が理解しやすい住所へと変換するための仕組みです。「192.168.1.1」などで示されるIPアドレスを、「http://www.○○○.com」のような分かりやすい文字列に置き換えてくれるのです。このDNSの機能を司るサーバーを「DNSサーバー」と呼びます。DNSサーバーが仲介役になり、特定のコンピュータと通信したり、Webサイトを表示したりできるようにしているのです。

名づけてねっと より引用

簡単に言えば、ドメイン名とIPアドレスを紐付けるのがDNSです。

通常DNSは契約したプロバイダから提供されますが、これをパブリックDNSという企業が無料で提供しているDNSサーバーに変更する事で、回線速度を上げることが出来ます。

DNSの変更方法(windows 10)

ではwindows 10でDNSを変更していきましょう(ここからは有線で接続していることを前提として話を進めていきます)

1 設定を開き、ネットワークとインターネットを開く

2 状態→ネットワーク設定の変更→アダプターのオプションを変更するを選択

3 コントロールパネルが開くので、イーサネットを右クリック→プロパティを選択

4インターネットプロトコルバージョン4をクリック→プロパティを選択

5次のDNSサーバーのアドレスを使うにチェックをし、DNSを↓のように入力する
有線DNSサーバ:1.1.1.1、代替DNSサーバ:1.0.0.1

6 OKを押して設定完了

MTUを変更する

MTUとは?

MTU (Maximum Transmission Unit)とは、 ノードが隣接したネットワークへ、1回の通信で転送可能な最大のデータグラムサイズです

日本ネットワークインフォメーションセンター より引用

簡単に言えば、ネット通信をするときに、1回の通信で転送出来るデータ容量の最大値がMTUです。

MTU値を小さくしすぎると必要以上にパケットが分割されてしまうため、同じデータ量を送信するのにもより多くの時間を要するようになります。

その一方でMTU値を大きくしすぎると回線網をパケットが通過できないため、結局回線側でその都度余計なパケット分割が発生してしまい分割処理によるタイムロスが生じてしまいます。

踊るびあほりっく より引用

MTU値を適切な値にすることで、回線速度を上げることが出来ます。

MTU値は回線業者によって違う

MTUの適切な値はネット回線業者によって違います。自分の使っている回線業者を確認して、適切な値に変えるようにしましょう。

↓が回線業者別のMTU値の一覧です

NURO光 1500
auひかり 1492
フレッツ光(v6プラス) 1460
フレッツ光 1454
ドコモ光
1454
ソフトバンク光 1454

windiws10でMTUを設定する方法

まずは今設定しているNTU値を確認しよう

コマンドプロンプトというのを使ってMTUを調べていきます
スタートを開き、windowsシステムツール→コマンドプロンプト→右クリック→管理者として実行をクリック

するとコマンドプロンプトという真っ黒な画面が開きます。

ここにコマンドを入力して今のMTU値を調べていきます。

netsh interface ipv4 show interface

と入力して下さい。すると、

このような画面が出ます。Loopback Pseudo-Interface 1以外の connected と書かれている欄を見ましょう。ここにある”Idx”に書かれている値を覚えておいてください。(あとで使います)MTUが今のMTU値です。私の場合、今のMTU値は1492です。ここを先ほど紹介したMTU値に変えていきます。

では変更していきましょう。私の場合、

netsh interface ipv4 set interface 10 mtu=1492

と入力します。青で書かれた数字を先ほど覚えておいてと言ったIdx値に変えてください。赤で書かれた数字は変更したいMTU値に変えてください。

okとでたら成功です。

本当に速くなったのかスピードテストをしてみよう

では、スピードテストをしていきましょう。

speedtest.netを使って速度を計っていきます

Speedtest by Ookla - The Global Broadband Speed Test
Use Speedtest on all your devices with our free desktop and mobile apps.

私の結果がこちらです。

なんかダウンロード速度がめっちゃ遅いですね。アップロードは申し分ない速さです。ダウンロードが遅い理由は分かったら記事にしようと思います…

いかがだったでしょうか。インターネットの速度は設定だけで改善されることもありますのでぜひやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました